鎌倉俳句日記

鎌倉で生きる作者の日常の出来事をアンニュイとペーソスでくるんだ痛快句集
「鎌倉俳句日記 夢文庫シリーズ1」 著者/朧 潤(おぼろ じゅん)

『俳句は面白くなければ』をモットーとしながら、その中に人間存在の本質を捉えようとする前田吐実男に師事した朧潤の初句集。

↓ご購入はこちらから