新刊 「鎌倉殿の記憶」 

「鎌倉殿の記憶」 矢野元晴/水彩印象画

 

水彩印象画家 矢野元晴の描く鎌倉の街並み。水彩印象画は、明暗を生かしたドラマチックさが特徴。

写真では写し出されない肉眼が捉えた鎌倉の良さ、特殊性を各所の風景で示します。

鎌倉時代の建造物などはほとんど残っていない一方、自然環境は多くの場所で鎌倉時代と同じ状態を保っている鎌倉。

そこに温存された鎌倉殿が築いた武士の都の記憶が、画家によって画紙に切り取られていきました。

A4判 64頁 

ネットでのご購入はこちらから    

前の記事

みんなのデパート