中世鎌倉盛衰草紙      東国首都鎌倉の成立と展開

中世鎌倉盛衰草紙 -東国首都鎌倉の成立と展開ー   峰岸純夫/著

戦国時代の幕開け「享徳の乱」。それは、応仁・文明の乱より13年早く関東で始まった動乱だった。

著者が初めて「享徳の乱」を提唱したのは1963年のことで、今日では歴史教科書にも掲載される歴史用語となった。しかし残念ながら、まだまだ日本人の常識とはなっていない。


本書は、大判カラー写真(写真家・原田寛)や若手水彩印象画家(鎌倉水彩画塾長・矢野元晴)の作品でビジュアル的にも楽しみながら、日本の中世史における「享徳の乱」の重要性と、歴史都市・鎌倉が鎌倉時代・室町時代の約300年にわたって東国の首都として果たした役割とを読み解こうとするものである

全国書店・Amazonでも好評販売中

↓ネットでのご購入はこちらからも  

前の記事

邪宗門書林 休業中