HOME > 出版物紹介 >  本「 きっと今までになかった相続の権利調整を考える本 」

商品紹介


本「 きっと今までになかった相続の権利調整を考える本 」

今までの相続とは全く違う形の相続、21世紀型相続が始まっています。
どれか一つでも気になることはありませんか。
全編カラーで21世紀ならではの相続の有り様をお伝えします。
生前そして亡くなってからの様々な場面で被相続人・相続人が示す判断、それは家族の幸せと
一族の平和を守る為の活動であり、そこでのコミュニケーションこそ相続の権利調整です。

本「 きっと今までになかった相続の権利調整を考える本」

1600円+税

 〔著者〕 田中 潤






数量  

主な内容


・成年後見人が相続を壊す!?
・他人が財産を相続する時代に!
・遺言を一言残せば、こんなに変わるのに…
・相続人がいない人はどうする?
・相続税対策をする必要のない人が、何故悩む
・行政にあなたの資産の情報が握られている!?
・相続した時には、自分も既に高齢者だった!
・自宅の土地は安易に手放すな!
・死んだら自宅を売って借金を返すという選択を!
・これからのお墓は、未来に向けて考える
・もっとも危険な、アパートを建てる相続税対策
・何回贈与したら贈与税がかかる?
・下手な贈与は、しない方が断然良い

著者について


田中 潤(たなか じゅん)

税理士。
公益社団法人東日本大震災雇用・教育・健康支援機構 理事長。
公益社団法人受動喫煙撲滅機構 理事長。
一般社団法人相続よろず相談所 所長。
著書に「小さな会社の起こし方・儲け方」(日本実業出版社)、「50代の独立起業を決断したら読む本」(実務教育出版)、 「こんな税金ならよろこんで払います」(オーエス出版)他。



ご意見・ご感想をお聞かせください。メールお待ちしています。

★出版物紹介へ戻る